Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 141 to 160 of 243)
(showing articles 141 to 160 of 243)

Channel Description:

話芸で使われることわざ・故事成語・俗信・歌の文句・短詩・単語などを集めました。 

older | 1 | .... | 6 | 7 | (Page 8) | 9 | 10 | .... | 13 | newer

    0 0

    外国人は信用できないものだという蔑視的な諺。要するに島国根性から出た表現である。...

    0 0

    幕府に大事が起きると、御家人がたちまちはせ参じることから転じて、要するに一大事が...

    0 0

    イサクサ=「いざこざ」=「紛糾」の意。(小金井小次郎「イサクサなしにお呼びなさい...

    0 0

    ありふれたものの中から貴重な品が出てくることのたとえ。(八百蔵吉「泥中の蓮と申ま...

    0 0

    いざって動くくらいの距離でさえ、引越しにはそれなりの費用がかかるものだ、というた...

    0 0

    冷たい石の上にも三年座っていればその石は温かくなる。辛くても長いことじっと我慢し...

    0 0

    「石部金吉」は「堅物」(きまじめで遊びを知らない男)の代名詞。「金兜」は、更にこ...

    0 0

    昔の医師の治療報酬と山奥にある桜は、「取りに行こうとして取れるものではない」つま...

    0 0

    「礼節を知る」とも。人(民)というのは、生活が豊かになって初めて道徳を心得、礼儀...

    0 0

    助かる可能性をわざと捨てて死地に赴くような行為のこと。「毛吹草」に「いしをいたき...

    0 0

    よく「することなすこと」に続く文句。鳥の「いすか」の嘴が交叉していることから、計...

    0 0

    「菅原伝授手習鑑」より。菅秀才の身代わりに立てる子供を自分の教え子の中から探そう...

    0 0

    伊勢の海老も鎌倉の海老も腰をかがめて江戸に入ってくる=海老が腰を曲げているのは当...

    0 0

    京都の俚諺。一生の内に、お伊勢さまに七回、熊野三山へ三回、愛宕山には月に一度は参...

    0 0

    よく「火事に喧嘩に中ッ腹」から続く文句。江戸の市中で多く目についたものの代表をい...

    0 0

    居候は本人にとっても難儀だが、それを置く身にとっても割に合わないものだという川柳...

    0 0

    たちの悪い居候が主の留守中、女房に手を出したりすることもある、という川柳。(孝行...

    0 0

    旅人が濡れながら慌てて行った後で、野の道に降った村雨がさっと上がってしまう。急が...

    0 0

    鮑の貝殻が片面しかないので、「片思い」の枕詞のようにして用いる。(磯の鮑「今日と...

    0 0

    何も悪いことをした覚えがないのに疑われ、取り調べを受けたりすること。(講談・小金...

older | 1 | .... | 6 | 7 | (Page 8) | 9 | 10 | .... | 13 | newer